陰部のニオイを防ぐ

女の人

女性はデリケートゾーンのトラブルに悩むことが多いのですが、ニオイは自分だけでなくパートナーとの関係にも影響が出てしまうので正しい対処で予防することが大事になってきます。デリケートゾーンのニオイの原因は、主に雑菌の繁殖によるものだと考えられています。雑菌の繁殖が活発になる原因は、汗やおりものなどになります。人が分泌する体液のほとんどはタンパク質なので、雑菌にとっては栄養源となり増殖する原因となります。汗やおりものは清潔な体を維持することである程度防ぐことができるので、入浴方法や衣類の選び方をかえるだけで快適になります。

デリケートゾーンのニオイが強くなったと感じたら、病院のサインの可能性もあるので変化を観察してみましょう。病気のサインだった場合は、ニオイの変化と共におりものの色が変わってくることがあります。またデリケートゾーンに赤みや発疹、突起物ができることもあります。皮膚の変化があった場合は性病に感染している可能性もあるので、ただちに医療機関を受診して検査を行ないましょう。女性なら婦人科で検査してもらえますし、男性なら泌尿器科で調べてもらえます。悪臭を感じる程の変化が起きた場合は、子宮頸がんや子宮内膜炎など子宮関係の病気の可能性もありますし、淋病やトリコモナス膣炎など性病感染の疑いもあります。いずれにしても放置しておけば重篤化してしまうので、専門家の指示に従い治療を行なって改善を目指しましょう。